シベリアンハスキーの飼い方(しつけ、食事、大きさ)

4年飼ってみて思ったこと、大きさ、しつけ、食事など

シベリアンハスキーの4年間の散歩の記録

f:id:yzr500yamaha:20190909195328j:plain

生後177日 体重 18.3キロ

4年経って思うこと

 

今年の12月で5歳になるアル。

虐待かと言われるほど散歩してきました。

上の写真は、散歩してると土砂降りに。

この後にカッパを買いにいきました。

犬に服を着せるのは嫌いなのでアルのカッパは未だにありません。

さて、生後180日位までは歩いたり走ったりして散歩してました。

しかし、2時間散歩してもケロっとしてるアル。

40代後半のおじさんが、公園を朝晩2時間毎日歩いたり走ったりしている内に

股関節が痛くなってきなした。

痛みが取れないのに走るので、ますます悪化。

毎晩ビールを6缶も飲んでたからでしょう。

どうにかしなければ行けません。

いつもアルと散歩している公園に、猟犬を自転車で散歩しているおじさんがいました。

颯爽と犬と走るおじさんに多少の嫉妬はありました。

しかし、体力の続く限りは自分の足で道具には頼らないぞと思ってましたが、あっと言う間に挫折というか痛くて走れません。

 

自転車散歩開始

試しに自転車で散歩出来ないか、やってみました。

動く物には、異常に反応するシベリアンハスキー。

落ち葉が風に舞うと、一気にそっちに走ろうとする。

鳥が飛ぶと、そっちに走ろうとする。

本当に出来るのか不安だらけでした。

とりあえず、自転車に乗りリードを持って練習です。

最初だけ、自転車を怖がりましたが何もしないと分かると自転車の横をスムーズに走り出しました。

走れる事の喜びのが大きかったのか、嬉しそうに走っていました。

これは、行ける!と思って、いつもの土手に行ってみました。

土手を、軽快に走っていると自転車の前をアルが走り出しで、鳥が飛び立ちました。

自転車の前を横切ると、自転車に気がついてびっくりして止まろうとしました。

急ブレーキを掛けて、転倒。

アルは逃げて無事でしたが、私は擦り傷が少々でたいした事はありませんでした。

 

対策を練る

今までも、何人も自転車で散歩しようとしたが挫折した人を何人も知っています。

聞くと、同じような感じで転倒していました。

要は、自転車の前に出さなければいいだけ。

リードを手に巻きつけ、長さを調整すればいいのです。

一回の転倒で、そのことが分かった私は直ぐに実験しました。

すると非常に走りやすくなりました。

危険な事もなく、アルも自転車の横を楽しそうに走っています。

これで、自転車散歩は案外あっけなく自分のモノになりました。

 

散歩の内容

歩いて走って2時間だったので、自転車では1時間を目安に散歩しました。

それでも、結構ヘトヘトになっていました。

去年までは、春と秋の涼しい時は10キロ前後を1時間で走っていました。

今年は、5、6キロ前後と少し減りました。

匂いを嗅いでる時間が多くなり、1時間ではそこまで距離は伸びなくなりました。

夏場の暑い時は、3、40分で3キロ前後と更に短くなりました。

それでも、全く不満は無さそうで散歩が終わると直ぐに涼しい所で寝てしまいます。

最近では、全然引っ張らなくなりのんびり散歩出来る様になりました。

以前は、グイグイ引っ張って行きましたが、散歩仲間のおばさん達から「4歳くらいになったら落ち着いて来るよ」と言われていましたが本当のようです。

 

今後の散歩はどうなるのか

寒くなると元気になるシベリアンハスキー。

雪は大好きで、最初は興奮しまくりですがこれから毎日が雪なので最初だけですね。

毛も抜けなくなるので、掃除の手間も無くなりハスキーの季節が迫ってきました。

年齢と共に落ち着いてきたアルとの散歩は、これからの方が楽しそうです。

今までは、グイグイと引っ張って大変でしたがこれからはのんびりと散歩できそうな気がします。

体重も31キロになり、かなり大きめなハスキーになりました。

これだけ走ってきたので、筋肉質で贅肉はほとんどありません。

非常に逞しい理想のハスキーになってくれて嬉しいです。

3歳(体重 27.5キロ)くらいで、成長は止まるといわれましたがジワジワと大きくなっています。

どこまで大きくなるのか楽しみです。

シベリアんハスキーを飼って、本当に良かったと思っています。

最高の犬です!